【打掛の買取相場】1番買取価格の高い売却方法|口コミ評判ROOM

2018/09/23

打掛を着ている女性

結婚式に着たきりしまいっぱなしの打掛。絹は湿気などで痛みやすく保管が難しいため、買取を考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は打掛を売却する前にいくらで売れるのか、買取相場1番高く売却する方法 を確認しておきましょう。

打掛とは?

打掛は、結婚式の際に花嫁が着物の上から纏う和服です。

松竹梅など、結婚式という祭事に相応しい縁起の良い柄をあしらっている点が大きな特長です。白色一色で仕立てた白打掛は、白無垢の愛称で親しまれています。白を神聖な色として認識していた室町時代の人々が嫁入りの際に白色の着物を羽織っていたことが起源です。明治時代~昭和初期は簡単に購入・レンタルできない高級品でしたが、技術の発展に伴って比較的安価な白無垢の開発が進められています。

複数種類の色を組み合わせた色打掛は、刺繍物・染め物・織物の3種類があります。刺繍物は、刺繍糸によって布地に模様が描かれており、見た目が豪華です。高度な技術と多大な労力を要する相良刺繍は、最高級の刺繍物と称されており、中古市場でも根強い人気を維持しています。相良刺繍と同様に多くの着物愛好家から支持を得ている唐織は、模様が浮かび上がっている点が印象的です。立体的な模様によって、布地がまばゆい光沢を放っています。華やかさが色打掛の大きな魅力となっていますが、染め物の代表格である加賀友禅はシルエットの美しさが高く評価されています。

着物の上から羽織るような形で着る打掛は、結婚式で新婦が身に着ける衣装として知られています。打掛には白打掛と色打掛があり、白打掛は俗に白無垢と呼ばれています。

説明がちょっと長すぎました。すみません・・・。

それでは打掛の買取相場を見ていきましょう。

打掛の買取相場は?

打掛は、レンタルするだけでも結構お金がかかり、何十万といったレンタル料がかかることもあります。そこで結婚式にかかる費用を抑えたいと、リサイクル品であっても需要が結構あるのです。

一般的な無名の打掛の買取相場は、数千円〜20,000円程度。

正絹で作られていて、著名な友禅作家の作品であれば買取価格の相場は30万以上つくこともあります。未使用品であればさらに買取価格が上乗せさせる可能性もあるでしょう。

打掛の買取価格が1番高いのは?

打掛を売る方法は3つあります。オークションにかけること、リサイクルショップに買取してもらうこと、買取専門店に依頼することです。中でも買取専門店が一番人気です。なぜ買取専門店が人気なのでしょうか。その理由は高い専門性にあります。

ネットオークションに出品する方法は手軽でいいのですが、買い手がすぐにつくとは限らなかったり、実際の色と写真の色とが違って見えることも多かったりして、満足のいく売買につながらないケースがあります。またリサイクルショップには、着物の価値のわかる店員さんがほとんどいないため、新品でないことから相場よりも安い値をつけられてしまう可能性があります。

その点、買取専門店であれば、打掛の価値を知り尽くした査定員がいるため、保存状態によっては高価な金額で買い取ってくれる場合があります。

特にアンティークの打掛や有名作家の手による打掛は、高価な値が付く可能性があるため、着物の知識のある専門の査定員に査定してもらったほうがいいでしょう。

インターネットの買取専門店であれば、査定はネットで簡単に申し込むことができ、出張サービスを利用すれば、専門の査定員が自宅に来てくれます。また、宅配査定を利用する手もあります。査定も送料も無料であるうえ、査定に納得できなければキャンセル料もかかりません。買取専門店が人気なのは、こうした査定に関わる料金が無料であることと、高い専門性に安心感があるからでしょう。

> 人気の着物買取店はこちら

打掛を売るかどうか悩んだら・・・

打掛は通常の着物とは違って、結婚式に限定される着物であるため結婚式で使用した後は自宅に眠っているという人も少なくありません。

打掛はボリュームがあるので保管に場所を取ります。また絹で出来ていることもあり、虫食いなどのリスクも高まります。白無垢の場合は、きれいに保管していても変色してしまうことは避けられないと言います。もし使用することがないのであれば、状態のいいうちに買取に出した方が、次の晴れの日を迎えることが出来てメリットが大きいとも言えるのです。

着る機会が限定される打掛であっても買取をしてもらうことは可能ですので、この機会に一度査定を依頼してみましょう。

> 着物買取店の口コミ評判を見る

最後に

白無垢も色打掛も結婚式が終了したら利用する機会はありません。結婚式の大切な思い出として保管し続けることは難しいため、売却を検討する方が多いです。著しく劣化する前に買取業者へ持ち込み、有効活用する方法を模索しているケースが一般的です。

出来るだけ高く打掛を買取してもらうために、口コミや評判などを参考にして買取価格の高い買取業者に出しましょう。


-着物の買取相場