【ウールの着物の買取相場】高く売れるのはどこ?|口コミ評判ROOM

2018/09/23

ウールの着物

お手入れのしやすさと柔らかな着心地で若い世代にも人気のウールの着物。買取価格は低くかったとしても、出来るだけ高く買取をしてほしい…、そう思うのは当然のことですよね。

買取相場はいくらなのか。

売るならどこで売れば良いのか。

ウールの着物の買取方法についてまとめましたので、参考にしてみてください。

ウールの着物とは?

ウール(羊毛)の着物は木綿の着物と並んで普段着の代表格です。

着物といえば正絹というイメージが強いものですが、汚れを気にせず着たい、着物は着たいけどおおげさにはしたくないという普段使いの着物を求める人にぴったりな着物です。

洋服の人が多い場でも浮くことなく着て行ける点が人気です。織り方にもよりますが、季節に関係なく仕立ても単衣(裏地を付けない)ですし、自然素材のため洗濯が可能です。汚れた時は気軽にドライクリーニングでお手入れができます。そんなウールの着物は、普段着としての需要がとても高いです。

ウールの着物の買取相場は?

売ると決めたらやっぱり気になる買取相場。

着物買取専門店に依頼して、およそ数百円からブランド物になれば3,000円程度で買い取られることが多いです。

ウールといえばどうしても正絹よりはもともとの金額も安いため、買取価格も比較して低くなる傾向にあります。専門ではないリサイクルショップなどでは買取を受け付けていないこともあります。

ウールの着物を売るなら買取専門店が良い理由

ウールの着物を売るなら着物買取専門店が一番いいと口コミで人気のようです。ここでは、その人気の理由についてご説明していきます。

着物を売る時に、まずオークションやリサイクルショップに査定を依頼しようとする方は多くおられると思います。しかし普段着として着用されもともとの価格が他のものよりも安価であるウールの着物は、手数料や送料等を差し引かれることから、オークションでは利益を出しづらいのです。リサイクルショップに依頼しても、大量に持ち込んだものがまとめて数百円だったりすることも。また、着物の買取をしていないところもあるので、予め確認しておく必要があります。

そこでオススメしたいのが口コミでも人気の着物買取専門店です。ブランド物や珍しい柄のもの、大きさが程よいもの(極端に小さすぎないもの)、流通の少ない薄手素材のものなど、専門店ならではの知識をもって査定してもらえます。手数料や送料を取られる心配もありません。

ウールの着物は価値が低いからと決めつけてしまわずに、着物買取専門店に査定を依頼してみましょう。思いのほか金額がつくことがあるかもしれませんよ。

> 着物買取専門店の無料査定はこちら

高く売れるウールの特徴は?

高く売れるウールの着物の特徴についてまとめてみました。

新しいもので状態がよいこと。

人気のブランドのもの

サイズが大きめであること(極端に小さすぎないこと)

夏にも着られるサマーウールであること

普段着として親しまれているウールの着物は、自宅でお手入れしやすく汚れも落ちやすい素材です。しかしやはり羊毛であることから、一番の大敵は虫食いといえます。虫食いやシミなどがあると価格がつかないこともありますから、売る前によく確認してみてください。

和装小物などと一緒に査定に出すといった買取金額が上がる可能性があります。ウールの着物は高く売れないと最初から諦めず、一度査定を依頼してみることをお勧めします。

最後に

ウールの着物は木綿と違って虫が付きやすく、きちんと収納していないと生地に穴が空いていることがありますので、買取に出す前に一度しっかりとチェックしてみることが大切です。目立たない位置なら査定にあまり響かない可能性もあります。

そんなウールの着物を売る人というのは、普段着として着物を着なくなった人であることが多いです。もしくは、親族の遺品を整理しているときに出てきたものを処分したいという理由です。ネットショップやオークションでも買い手はつきやすいでしょう。買取に出す前には着物の状態をよくチェックし、しわなども伸ばして状態を良くしておくことが高価買取のコツです。

> 着物買取店の口コミ人気ランキング


-着物の買取相場