【付け下げの買取相場】損せずに着物を売る方法|口コミ評判ROOM

2018/09/23

付け下げは、業者によっての買取価格は違ってくるので、しっかりと選んで買取に出したいところ。損せずに売却するために 付け下げの買取相場おすすめの売却方法 をご紹介しています。

付け下げとは?

付け下げの画像

付け下げと訪問着と小紋の着物、この三つの違いを明確に説明できるという方は少ないのではないでしょうか。まず全体に模様が上下の区別なく全体に入っているのが「小紋」で、模様の位置に偏りがあるのが「付け下げ」と「訪問着」です。

さらに付け下げと訪問着の違いは、模様の量が控えめなのが「付け下げ」で、量がたっぷりと多めなのが「訪問着」です。模様の位置に偏りがあるというのは、具体的に言えば胸元や袖と下半身の裾にかけて模様が入っていて、帯で隠れる部分は無地であるということです。

付け下げと訪問着の区別は「模様の多い少ない」なので、正直言って違いは大変あいまいで、見る人の感覚でなんとなく分けられているというのが現状です。付け下げは訪問着と並ぶ礼装の一つで、格式の高い袋帯を合わせます。洋装でいうと、上質なワンピースといったところでしょうか。結婚披露宴などのパーティーにふさわしい礼装でありながら、観劇や食事会にも着ることができる用途の幅広い着物なのです。

付け下げのオススメの買取先は?

実家の処分や遺品整理、また自分の身辺整理をしていく中で悩んでしまうとの声をよく聞くのが着物の処分方法です。普通の洋服とは違って、着物はただ捨てるのはなんとなくもったいないという思いが勝ってしまうもの。そんな場合、着物の買取をしてもらえるところとして候補に挙がってくる代表的なところといえば、リサイクルショップやオークションサイト、そして着物の買取専門店ではないでしょうか。

リサイクルやオークションだと買取価格が安い

リサイクルショップやオークションサイトはなにかと話題にのぼることもあり、身近な存在として気楽に利用できると考える人も多いかもしれません。

でも、リサイクルショップは幅広い客層を持つが故に、買取価格も安いです。値段がつかないことがほとんどです。

オークションを見てみると、出品価格は高い付け下げは売れ残っています。買取が成立した付け下げの価格は数百円程度のものが多いはず。

着物関連商品についていえば、汎用性のある草履やカバンといった和装小物は、気軽に多く取引されているのではないでしょうか。しかし、実際に着物を処分する側にとってみれば、万人受けするものばかりを出すわけではありません。

そうなると頼りになるのは、着物の買取を専門とする業者です。

着物の買取専門店がおすすめ!

無料の査定見積もりを出してくれる業者も多く、また店舗買取のみならず宅配買取を受けてくれるところもあり、その選択肢は豊富なため着物の売却先として人気です。のちのち損したなと思わないためにも、さまざまな手段を検討してみるのがいいでしょう。

着物の買取専門店は高値で買取してくれる場合が多いので、利用する人も多いです。無料で査定してくれるので一度査定に出してみて、付け下げがいくらで売れるのか聞いてみましょう。

> 付け下げの無料査定はこちら

付け下げの買取相場は?

付け下げの気になる買取相場は、中古で新品と変わらない場合は1万円前後、未使用では2万円程になります。訪問着よりやや低めの買取相場ですが、人間国宝の有名作家や有名産地の付け下げの場合、状態にもよりますが買取相場より高額買取できることがあります。

作家名や産地などが記された証紙も付く場合がありますが、証紙の有無により買取価格に違いがでる場合もあります。付け下げを売る前に所有する付け下げがどういうものか確認すると良いでしょう。付け下げに限られることではないですが、新しいほど高く、使用期間が長いほど安い買取になります。また買取は一般的に購入から10年とされ、10年を超えると買取が難しくなりがちです。高額査定が期待できる有名作家や有名産地でさえ状態が悪いと査定価格は低くなる可能性があります。それだけ付け下げの状態は査定に影響しやすく、相場より高く売るためにはできるだけ早く売ることが大切です。普段から保管の際は注意して状態を悪化させないよう心がけましょう。

他にも、サイズの大きい着物は仕立て直すことで様々なサイズに直すことができるため、中古として需要が高いです。付け下げの買取実績が豊富な買取専門店もそれだけ支持されているので高額査定が期待できます。

作家ものの振袖などの高級品や、気楽に着ることのできる付け下げなど、下手に買いたたかれるのではなく、正当な価値を判断できる人に買い取ってもらいたいと思うのは当然です。

最後に

最近は着ることができる場面は少ないので、着物を着る習慣がない方や着物を着ることが年齢的に厳しくなったという方が、なかなか付け下げを着ることがなくなって管理に困って買取に出す方が多くなっています。

あとで後悔しないように業者選びはしっかりと行いましょう。

> 着物買取店の口コミ人気ランキング


-着物の買取相場