着物の宅配買取のメリットやデメリットは?|口コミ評判ROOM

2018/09/23

ダンボールで梱包

せっかくの着物も長くタンスから出していないという人も多く、かといって高価なものゆえ、捨てるには惜しいものがあります。買取方法は直接お店に持ち込む、出張買取、宅配買取など様々な方法があります。

そのなかでも注目されているのが、着物の宅配買取サービスです。宅配買取の流れやデメリットについてみていきましょう。

着物の宅配買取の流れやメリットは?

着物の宅配買取を利用するメリットとしては、まずは時間を気にすることなく、好きなタイミングで買取が利用できるということがあげられます。近くに買取のお店がないという人や、自宅に買取店のスタッフが来るのに抵抗があるという人も気軽に買取サービスを利用することができます。

忙しい人にも利用しやすい方法ですし、着物だけではなく、小物類も一気に処分したいという人にもおすすめの方法です。

宅配買取のデメリットは?

最近は不用品の宅配買取が人気となっていますが、着物買取でもこの方法は多くの人に選ばれています。近くに買取のお店がないという場合にもとても便利な方法ですが、利用する前にはデメリットも知っておきましょう。

梱包は自分で行う

困った顔の女性

まず、宅配買取の場合は着物や帯は業者に宅配便で送ることとなりますが、この際の梱包は自分で行う必要があります。荷物は宅配業者に連絡すれば自宅まで回収に来てくれますが、こうした連絡も自分で行うこととなります。梱包状態が悪いと着物に傷やシワがついて査定が下がってしまう可能性もありますし、宅配中に荷物の紛失や破損が起こる可能性はゼロとは言えません。

そして、価格がつかなったり、査定の金額に納得ができずキャンセルとなることもありますが、この場合の返送手数料は自己負担になることも多くなっています。

お金を受け取るまでに時間がかかる

時計とスマホ

宅配買取は、店頭買取や出張買取に比べて入金までに時間が掛かるということも理解しておきましょう。

宅配買取の場合は、業者に荷物が到着してから査定が行われ、査定の結果はメールや電話などで知らされます。その金額に納得ができれば買取は成立し、後日振り込みで支払いが行われます。金額に納得ができない場合は送った着物や帯は返却してもらうことができます。

一般的には、送料やキャンセル料は無料という業者も多いですが、利用する前には内容を良く確認しておきましょう。

最後に

宅配買取は自分で梱包する手間もありますが、買取価格が高い傾向にあり人気のサービスです。口コミで人気の業者に頼めば納得のいく値段で買取してくれるでしょう。

> 着物の宅配買取で人気の業者はこちら

和服は日本の伝統的な衣装で洋服よりも高価ですが、お手入れが良いと母から娘へ、さらに孫へと長く受け継いでいくこともできます。
とはいえ、現在ではファッションはよりカジュアル化され、日常的に和服を着るということは少なくなりました。

買取であれば古い着物も無駄にすることなく有効に活用できるようになりますので、買取を検討している方のお役に立てれば嬉しく思います。


-着物買取のQ&A