着物を着た後どうしてる?着物を長持ちさせる簡単なお手入れ方法!

着物は毎回クリーニングに出したり、染み抜きに出したりするのがあたりまえだという方がいますがそんなことはありません。
着物は脱いだ後のお手入れ次第で長持ちさせることができます。

⑴乾かす

着物を脱いだら風通しの良いところで1日程度干しておきましょう。(着物ハンガーが良い)
着物についた汗を乾かすことが大切です。
すぐに着るからといって洋服と同じように1日以上ハンガーにつるしたままはやめましょう。長い間ハンガーにかけておくと生地が伸びてしまい着物に良くありません。
1日干して乾いたのを確認したらOKです。

⑵汚れ・シミがないか確認する

着物に汚れやシミがついていないか確認します。
雨が降っている日や風の強い日は、気づかないうちに汚れがついているもの。汚れはできるだけ早く落とすことが重要です。浴衣やポリエステルなら自宅で洗えますが、それ以外の素材の着物は専門店に洗いやシミ抜きにだしましょう。

⑶たたむ

湿気をしっかり取ったら、折り目を合わせて綺麗にたたみましょう。
もしシワがついてしまったときは呉服屋さんに持っていくのがベストです。
自分でドライアイロンをかけて直すこともできますが生地が傷んでしまうので注意しましょう。

もしも1年以上着ない場合はクリーニングに出すのがベストです。
もう今年は着ないな。と思った時にまとめて洗いに出すのも良いでしょう。

木綿やウールは自宅でも洗濯することができますが、方法としては中性洗剤をつかってつけ置きか手洗いすることができます。
正絹は自宅で洗うことはできないので、絶対に専門店に洗いにだしましょう。

> 着物のクリーニングの料金相場はこちら


-着物の雑学