【お召し(御召)の買取相場】高く売るならここ!口コミ評判ROOM

2018/09/23

お召し

お召しは高級な絹織物です。重宝されますが、着る機会がない・頂いたけどサイズが合わないなどの場合は売る人も多いです。

そんなお召しをできるだけ高く売る為に お召しの買取相場高く売れる人気の買取先 をご紹介しています。ぜひ参考にみてしてください。

お召しとは?

お召しとは御召縮緬(おめしちりめん)のことで、かいこの繭からとった生糸を先染めにして糸に強くよりをかけた「強撚糸」の糸で織った着物のことです。張りがあって着崩れしにくく、シワにもなりにくいのが特徴です。

お召という呼び名は、江戸幕府将軍の徳川家斉が好んで着用していたからだと言われています。

紬などの「織り」の着物と小紋などの「染め」の着物の中間的な存在の着物を言います。適度なハリと上品な光沢感で人気の御召ですが、織の着物の中では格が高いとされています。スーツやきれい目ワンピースのような感覚で着る場所を選ぶことができるのです。その光沢感からパーティーに映えるドレス風の華やかさもあります。洗練された都会的な雰囲気での着こなしを望む方に人気があるでしょう。

布地にハリがあるので着付けをするにも扱いやすく、織の着物と同様にたたみやすく管理がしやすいです。

織の着物はカジュアルな場面で使うのが基本ですが、御召はフォーマルな装いとしても使えます。帯を名古屋帯に変えれば、オシャレ着とても活用できます。織の生地で最もランクの高い着物です。

お召しの買取相場は?

お召しの買取相場は、500円から10万円以上だと言われています。

お召しは、160cm以上の大きいサイズや、状態が良く、人間国宝や有名作家の証紙が付いていると、高値が付きやすくなります。

保存状態をしっかり管理できていることが高く売るための条件です。お召しは水に弱いので、水に当たると生地が収縮してしまう恐れがあります。食事で水をこぼしたり、雨や汗などで水を吸ったりてしまうと、買取額が下がってしまいます。

シワになってしまうと、伸ばすために湯のし加工をしなければなりません。無名のものは500円から1,000円程度が相場ですが、経済産業省指定伝統的工芸品であれば、驚きの値段が付くかもしれません。例えば、人間国宝の北村武資の経錦紬御召の場合、10万円以上の価格となります。

お召しを売るなら着物買取専門店を選ぶべき!

お召しを買取してくれるのは、ネットオークションやリサイクルショップ、着物の買取専門店です。

オークション

オークションの場合、手数料や利用料が発生する上に、落札されても顔の見えない相手との取引はトラブルなどのリスクがあり思わぬ損失を招く恐れがあります。

リサイクルショップ

リサイクルショップの場合は着物は専門知識が必要なので買取しないことも多く、買取しても査定は安く設定されます。また自宅から遠いと交通費や時間などの手間もかかります。

着物買取専門店

着物買取専門店だとインターネットで申し込める買取専門店もあり、住む場所を問わず全国どこからでも買取できます。出張買取では出張手数料不要、宅配買取も送料不要、無料査定で行う専門店もあり、気軽に安心して申し込めます。

着物の専門家が丁寧に査定し、有名作家の着物と判明すれば高値が付くこともあります。無名のお召しでも店舗のない専門店では経費が抑えられるので高額買取できて一番人気です。

価値を知りたい時は無料査定だけ利用するのでも良いと思います。年代物は希少価値がありますが、どこで売るかで数万円の違いがでる可能性もあります。高値が付く場合もあるので、お召しに限らず、無銘の着物も詳しい専門店で査定してもらいましょう。

> 御召の無料査定はこちら

最後に

それほどかしこまった場ではなくてもなじむ適度な華やかさのあるお召しですが、売る人は着る機会がなくなった人や故人の遺品整理などで処分を考える人でしょう。

よそ行きにぴったりなので趣味でお出かけ用の着物を購入する人に需要があると言えますが、色や柄行によって買い手は変わってきます。風合いが特徴のお召しなので、ネットオークションでは買いたい人は少ないと思います。

> 着物買取店の口コミ人気ランキング

おすすめの選び方としては、取り扱い商品が豊富で買取実績の多い着物専門店に買取を頼むのが良いでしょう。


-着物の買取相場