木綿着物を高く買取してくれるのはどこ?買取相場は?|口コミ評判ROOM

2018/09/23

木綿の着物

着物を日常着として気負わずに着たいという意識の高い若い世代にとても需要があるので、売るところを選べば木綿の着物でもある程度の買取価格が期待できます。売る方法としてはリサイクルショップやオークション、着物の買取専門店などがあります。

出来るだけ高く木綿の着物を売る為に、買取相場高く売れる買取方法 をご紹介しています。

木綿の着物とは?

木綿の着物はもとは作業着・ご近所着として着られた着物です。あらたまった席には向きませんが、親しみがあって気軽に着ることができ、季節を選びません。

木綿の着物の中には、久留米絣、琉球絣、舘林木綿など、伝統工芸品として有名で値段が高価なものもありますが、着物の格としてはカジュアルで普段着としての扱いとなります。

現在ではもう少し幅広く、居酒屋や美術館など少し人の集まるところへもおしゃれ着として着ていくことができます。すっきり大人っぽい縞の木綿は粋な雰囲気で着やせ効果ものぞめることから人気で、歌舞伎鑑賞や割烹料理店などに行くにもふさわしいです。モダンで愛らしい格子の木綿は食事会などレストランに着ていくのに似合いますね。

木綿着物を一番高く買取してくれるのはどこ?

木綿の着物を買取してもらう場合、オークション、リサイクルショップ、着物の買取専門店が候補として考えられます。

オークションの場合は、いくらで落札されるかはまったく未知数です。場合によっては想定したよりも安い価格で落札されてしまうこともありますし、最初から高値を付けていると入札者がおらず、誰からも落札されないという事態も想定できます。

リサイクルショップは着物の価値が分かる鑑定士がいないことが多いため、希少価値のあるものでも理解してもらえないことも多く、正絹の着物でないことから買取してもらえないケースも多いです。

木綿の着物の買取で一番口コミで人気があるのは、着物の買取専門店です。

着物の買取専門店であれば、着物の価値を理解している鑑定士が常駐しており買取実績も豊富であるため、適正な査定をしてもらうことができます。着物の買取専門店の査定はインターネットから申し込みができますので自宅近くに店舗が無くても心配要りません。査定は無料で行ってもらえますので、気軽に利用できます。

> 着物の無料査定はこちら

木綿の着物の買取相場は?

木綿の着物には、高級木綿として知られている薩摩絣や、島根指定無形文化財の弓浜絣、三重県の伝統工芸品である松坂木綿などをはじめとして、各地の伝統工芸品として有名なものがいくつもあります。ただ、木綿の着物は、着物の格としては普段着の扱いのため、正絹などと比べると買取相場は低めで、数百円から1、2万円あたりです。決して高値とは言えせん。

それでも高く売れる場合もあります。どんな着物が高く売れるのか。高く売れる着物の特徴をまとめましたので見ていきましょう。

高く売れる木綿の着物の3つのチェックポイント

着物のサイズをチェックしましょう

木綿の着物の場合大きい方が高値になります。なぜなら、仕立てられた当時と現代とでは着る人の体格が変わってきてしまっているため、小さいものだと、着られる人が限られ、値段が付きづらいのです。

保存状態をチェックしましょう

これは木綿の着物に限ったことではありませんが、虫食いやシミなどが少ない方が当然高く売れます。また木綿はその素材自体が、虫に食われたり、黴が生えたりしやすいため、保管状態によって大分値段に差がつくでしょう。今後売るかもしれない木綿の着物があるようでしたら、こまめにお手入れをしておくことも大切です。

証紙をチェックしましょう

木綿の着物の中には、伝統工芸品と言われるものがあります。そうしたものは、証紙で着物の産地が証明されているかどうかで値段が左右されるため、売りに出す際には一緒に査定してもらいましょう。また、伝統工芸品の木綿の場合、反物のままのほうが高値がつく場合があります。

リサイクルショップなどでは、多くの場合正絹以外の着物は買い取ってもらえないため、木綿の着物を売る場合、目利きのいる着物の買取専門店での買取になるでしょう。いくつかのお店で無料の査定を行ってみてから、申し込みをするのがおすすめです。

> 着物買取店の口コミ人気ランキング

最後に

日常に着物を着る機会がなくなった方や年齢的に着るのが厳しくなった方が買取に出すようですが、流通量が少ないです。木綿の着物は水洗いすることができる点も人気ですが洋服のようには洗えませんので、着物の状態がある程度良ければ洗わずそのまま買取に出した方がよいでしょう。風通しをしたりしわを取ったりして、できる範囲で着物の状態を良くしておきましょう。


-着物の買取相場