【黒留袖の買取相場】損せずに高く売る方法は?|口コミ評判ROOM

2018/09/23

花束を持つ黒留袖姿の女性

黒留袖は主に結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母や仲人婦人、親族の既婚女性が着用する着物です。

「着る機会がなくなった」

「サイズが合わなくなって着れなくなった」

などの理由で売る方が多いようです。

大切な黒留袖を損せずに売る為に、買取相場や高く買取してくれる業者をご紹介しています。

黒留袖とは?

黒留袖とは女性の着物の礼装の一つで、結婚式や披露宴などの冠婚葬祭を中心に祭典などで身につけられることが多いです。

主に既婚女性が身につける礼装として知られていて、黒地の着物の背中心と両胸、両袖の外側の五か所に染め抜きの日向紋が配してあるほか袖に柄がついているところが特徴となっています。

着物の中でも格式の高い和服で、家紋が入っているものやブランド物、着る人の年代によって異なる柄など、種類も豊富に存在します。

黒留袖の買取相場は?

黒留袖は着る機会が限られるのと需要が少ないため、その買取価格は低くなる傾向にあります。また黒留袖には5つ紋がついているのですが家紋はそれぞれ違い、売ることは難しいのではないかということも考える人もいるでしょう。

買取相場ですが、シミや傷がひどいものだと悪くて数百円にしかならないこともあります。数回使用していて保存状態が良ければ、1000円~3000円ほどで取引されるのが一般的です。

高額買取が期待できる黒留袖は?

せっかく買取してもらうならもっと高く売りたいもの。そのための特徴を誰しも知りたいはずです。

作家物やブランド物であること

証書や落款がついていること

保存状態が良いこと

このような黒留袖の買取相場は1~2万円、最高で5万円程度が一般的です。

また留袖に限らず着物は、裾の模様が地味なものの方が高く売れる傾向にあります。これは年配者向けのものの方が需要があるためで、派手な着物の方が価格は低くなります。

最後に大事なのが保管状態です。着物は保管が難しく良い状態を保とうとしてもうっかりシミができてしまったりと苦労します。もしシミや汚れがあっても、価値のある着物であれば高く売れる可能性はありますので、一度査定に出してみるのが良いでしょう。

黒留袖を一番高く売る方法は?

黒留袖

黒留袖が不要になった時、処分をするには気が引けるという方は、オークションやリサイクルショップに出す方法を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、利用方法を間違えると望んだ通りの値段で売れない可能性があります。

オークション

まずオークションですが、ヤフオクやメルカリでは自分でサイトなどに登録をして、着物の写真を撮り、買取が成立した後の配送を行う必要がある方法となります。また、価格も希望価格に届く保証が無いため、低価格でも仕方なく売ることにもなりかねません。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは、店頭へ持って行く手間があり、専門的な知識に乏しい店舗も多いので、価値に叶った価格を提示してくれるとは限らないと言えます。

買取専門店

買取専門店ではほとんどの店舗で査定が無料、自宅まで出張してくれるサービスもあり、専門知識で適切な価格を提示、高価買取も可能な場合が多くあります。さらに、もしも価格に納得がいかない場合のキャンセル料も無料ですので、安心して利用できるという口コミも多いです。

黒留袖を損せずに売るなら着物買取店を利用するのが一番良いと思います。

> 着物買取店の口コミ人気ランキングを見る

黒留袖を売ろうと思った理由

黒留袖はレンタルで利用する人も少なくないようですが、せっかく購入しても売ったという人も多いようです。その売る理由の多くは「サイズが合わなくなって着れなくなった」というものが一番多いと言われています。着物はサイズが合わなくなるとサイズ合わせをするのもコストがかかってしまうため、そのまま箪笥の肥やしにするよりも売ってしまった方がいいと考える人が増えてきています。

また「着る機会がなくなった」という人も多いですね。黒留袖は冠婚葬祭の中でも結婚式や披露宴で身につけられるケースが多いので、子供や親せきが全員結婚してしまうともう着る機会がないと取り扱いに困っている人も多いです。その他には「お金に困っていた」という人もいるようですが、多くの人はサイズ感や着る機会などの理由で売ることを検討していることがわかります。


-着物の買取相場