袋帯の買取相場はいくら?高く売れるお店情報|口コミ評判ROOM

袋帯の女性の後ろ姿

袋帯をどこに買取に出せば良いのかわからない。

いくらで売れるのか知りたい。

オススメの買取業者が知りたい。

いざ袋帯を処分しようと思ってもどこに売れば良いのか迷ってしまいますよね。大切なものなのでできるだけ高く売りたいところ。そこで今回は 袋帯の買取相場オススメの買取先 をご紹介します。

袋帯とは

袋帯とは礼装用の帯のことで、脇に縫い目がなく袋状に織り上げられているのが名前の由来です。明治時代にそれまで一般的だった丸帯を簡略化して片面のみに柄を織り出すことで帯を軽くしたものが袋帯で、大正から昭和にかけて普及しました。

さらに現在では、袋状ではないものもあります。一重太鼓に結ぶカジュアルな名古屋帯に対して、袋帯はあらたまった場で「喜びが二重になりますように」という意味も込めて二重太鼓に結ぶ帯です。長さは4m以上が一般的で、柄の大小、金銀の量によって釣り合う着物が限られているので注意が必要です。そもそも結婚式に身内の立場で出席する際に振袖や留袖を着たり、式場での参列やお祝いの会などに訪問着で出席したり、フォーマルな場や茶会などで付け下げや色無地に合わせて結ぶ帯が袋帯です。その場合は、錦織や唐織の袋帯がふさわしいでしょう。一方で遊びのある柄行きで金糸銀糸が入らないカジュアル寄りの洒落袋帯というものもあります。これは格の高さよりも、落ち着きや通っぽさを出したい着こなしに向きます。

袋帯の買取相場は?

一般的な袋帯の買取相場は100円〜20,000円ですが、名古屋帯や芭蕉布、また作家やメーカーによっても買取相場は変わります。

佐賀錦帯という糸が金銀箔の「箔糸」を使った織物は価値が高く、需要もあり買取価格も高くなっています。これが著名な作家が織った帯袋であれば、帯自体も価値が高いので買取価格10万円以上は期待できます。特に人間国宝である古賀フミの作品はかなり高額査定が予想されます。沖縄の高級織物・芭蕉布の場合は、近年人気が高まり約20万円ほどの高値が付くこともあります。

袋帯はどこに売る?

不要なものを気軽に売ることができる時代ですが、着物もオークションやリサイクルショップ、買取専門店などで売ることができます。

袋帯をできるだけ高い価格で売るなら着物買取専門店がおすすめです。

専門店は訪問買取・宅配買取・査定にも対応するので便利です。ノーブランドでも柄や季節によって高値が付くこともあるので着物専門の買取店で見てもらうことをおすすめします。

その理由は、専門知識を持った人がきちんと査定を行ってくれるからです。オークションの場合はいくら良い品物でも金額が高いとなかなか売れなかったりしますし、リサイクルショップの場合は知識を持たない人が査定してしまうと希少価値が高いものでも査定額が安くなってしまいます。

着物買取専門店の場合は、買い取った商品を販売するルートを持っているので、高く買い取ってもらえる可能性が高まります。また、売りたい着物がたくさんある場合、査定員が自宅まで来てくれる出張買取も依頼できます。出張料は無料で、指定した日に訪問してくれその場で査定が行われます。

労力や手間が省け、査定額に納得したらその場で契約できます。着物や袋帯など小物も一式売りたい、そんな人には着物買取専門店がおすすめです。

最後に

普段着物を着用する人は減少していますが、自宅に使用していない着物を持っている、譲り受けたといった人は多いです。

袋帯は目上の方の食事会などが洒落袋帯にふさわしいですが、こういったあらたまった場に着物を着て行く機会のなくなった人が、袋帯を手放すことが多いようです。

買取強化する着物専門店もあるので、袋帯を高く売るなら着物専門スタッフがいる買取専門店がおすすめ。専門店だと無料査定で希望価格にできるだけ応じてくれる場合があります。

せっかくなので手放す際にはできるだけ高く売るようにしましょう。


-帯の買取相場